カメラ教室・一眼レフスクールなら中津川市株式会社ディーシーエス

ISO感度3200を試そう

暗い室内で、手持ち撮影の場合はISO感度を上げるしかないですね。
シャッタースピードも欲しい。
絞りもある程度は欲しい。
こうなると、ISO感度3200にしての撮影です。

しっかりとピントを合わせ、撮ってみましょう。
ISO感度3200の写真も、現在の一眼レフの性能であれば十分見える写真です。
暗い室内や会場での撮影には思いきってISO感度3200を。

定期演奏会の暗い会場で、撮影をしてきました。
暗い室内ではズームが必要なためにシャッタースピードが欲しいです。
それと、この演奏会が高校三年生の思い出の最後の演奏会なら絶対に失敗はできません。

ISO感度3200の撮影

ISO感度3200の撮影

ISO感度3200の撮影

会場内はISO感度3200。

2019年7月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

検索キーワード

恵那市、中津川市、瑞浪市、土岐市、多治見市、春日井市、カメラ教室、スクール、一眼レフ、写真、撮影、撮り方、テクニック、デジカメ、フィルム、運動会、行事、七五三、結婚式、記念撮影、絞り、シャッタースピード、ISO感度、色温度、動画、ホワイトバランス、ぼかし、ストロボ、広角レンズ、マクロ、単焦点